高崎市 接骨院 整骨院 スポーツ外傷・障害 こじま接骨院


TOP

こじま接骨院について
院長あいさつ・スタッフ紹介
アクセス・送迎・リンク

診療案内
診療の流れ
医療機器
スポーツ外傷・障害
カイロプラクティック
足底板(インソール)
音楽療法
診療案内
交通事故治療

インフォメーション
日記
よくある質問
お問い合わせ
こじま接骨院


高崎市 接骨院 整骨院 スポーツ外傷・障害 こじま接骨院
  診療内容 (Treatment Contents)

音楽療法 (Music Therapy)

この治療器では患者さんに1/f音楽を聞いていただき、聴覚系から脳にはたらきかけ、それと同時にその音楽のリズムとまったく同調の刺激(1/fゆらぎ)を体表面に感覚的に働きかけ治療するものです。
1/f音楽とそれに同調する1/fゆらぎをもって体表面に刺激すると、よりすぐれた除痛効果が得られるわけです。
クリックすると拡大

1/fゆらぎとは
自然界には、いろいろな雑音がありますが、その中でもパワースペクトルが周波数fに反比例するものを「1/f雑音」「1/f変動」または「1/fゆらぎ」などと呼んでいます。これは小川のせせらぎや小鳥のさえずりなどの一般的に心地よい音や、木の年輪などに見られる現象で、安らいでいる人の脳波(α波)や心拍のR-R間隔にも同様の現象があることがわかり、この「1/fゆらぎ」が生体と深いかかわりをもっていることが東京大学医学部脳神経外科、東京工業大学などの研究で明らかにされてきました。
また、バロック音楽などの中にもこの「1/fゆらぎ」をもつものがあり、最近では音楽療法にも応用されてきています。
クリックすると拡大

1/fゆらぎの効果とペインコントロール
患部が抹消であっても、痛みとしての感覚は脳で認識されます。ですから、鎮痛のための電気刺激もやはり心地よいものでなければなりません。この点からも1/fゆらぎのリズムをもつ電気刺激は効果的な刺激鎮痛法であることがいえます。

掲載記事
画像をクリックすると拡大します。
現代病の周辺
クリックすると拡大   現代病の周辺「メンタルヘルス」

リラックスチェアで集中力
     メンタルトレーニング
     リラックスチェアで集中力を鍛える
クリックすると拡大

一流を育てる
クリックすると拡大   一流を育てる
  高原は「α波」を聞いた

ページの先頭へ戻る
 

こじま接骨院

COPYRIGHT(C)2010 こじま接骨院 ALL RIGHTS RESERVED.